忍者ブログ

これからの時代、年金は保障されておらず、減額また需給年齢が引き上げられます。であれば、自分で年金を作るしかありません。その過程をブログを綴ります。

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME年金関連のニュースの記事
2017-06-23-Fri 17:44:15 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-07-29-Sun 09:50:14 │EDIT
子供手当てが減額になりました。

厳密に言うと、収入制限がかかったのです。

これがまた微妙です。

もー、うんざりですね。



ホームページへ
PR
2012-01-29-Sun 23:19:17 │EDIT
年金の最低保障額は7万円だそうです。

これは是か否か。

そもそも、そんなに払えるのだろうか。
疑問です。

私の一案としては、国民は国の年金に頼るのではなく
自分で運用して額を決めるのがよいと思います。

貯金がない、あるいは収入が一定額満たない場合は
支払えばよいと思います。

お金持ちに払う必要はないでしょう。
年金がもらいたければ、お金をつかってからね。

ホームページへ










2012-01-12-Thu 15:18:18 │EDIT
消費税増税でますます苦しむ年金受給者。

大変なことですね。

私はまだ反対しています。

もし、増税を進めるなら一度選挙をすべき
と思います。

ホームページへ










2011-11-25-Fri 00:19:38 │EDIT
アメリカの年金制度ではなんと70歳から支給
です。

平均寿命を考えるとばかばかしいですね。

75歳を超えると体力的に旅行は厳しいと言われて
います。

そんなときにもらっても。

それが日本でも現実になろうとしています。



ホームページへ
2011-11-25-Fri 00:17:51 │EDIT
年金受給額の減額について国が本格的に乗り出し
そうです。

一体どこまで下がるのだろうか。
下がるだけでなく、年金そのものがなくなるかも
しれません。

厚生年金や共済年金はなくなるかもしれません。

基礎年金だけであとは自分でなんとかしてねっと。

これだから国の年金制度は信用できません。



ホームページへ
2011-11-25-Fri 00:15:36 │EDIT
自分年金という言葉が浸透しはじめてきた気がして
います。

いろんなところで見ます。

やはり、自分の考えは間違っていなかったと改めて
思いました。

自分年金



ホームページへ
2011-11-07-Mon 16:32:51 │EDIT
イタリアの年金需給年齢が65歳から67歳へ引き上げ
されました。

ギリシャは30%カットです。

今の時代、どこも厳しいですね。

寿命を考えるとそろそろ、掛け金をかけるのが無駄な
気がしてきました。

だって、その後10年くらいしか生きないのですからね。



ホームページへ
2011-11-03-Thu 13:20:31 │EDIT
年金は夫婦で20万円とすると、生活費が26万円
の場合、6万円不足します。

貯金を崩して生活する必要がでてきます。

と、ある情報誌で書かれていました。

大変な時代です。

自分で自分の年金を作ることは絶対に正しい考え
だと確信して言えます。

ホームページへ

2011-10-30-Sun 21:56:44 │EDIT
年金制度が崩壊しつつある日本では自分で年金を作る必要があります。

先進国では避けては通れない道です。

豊かになると、高齢化が進み、いずれ減退します。 これが人生です。

人間、自由を手に入れると苦しい生活には戻りたくないと思うのでしょう。

ホームページへ

2011-10-15-Sat 11:32:44 │EDIT
私は前から想定していましたので、そんなに驚きはありません。

しかし、年金しか想定しない人がいたら、驚きでしょう。

70才から支給を想定しておいた方がいいと思います。

定年は一方で早まっています。
55才、50才で早期退職を迫れると思います。

自分で自分の身を守るしかありません。
それが、自分年金です。

本ブログでは、自分年金の作り方を実践を通じて解説して
いきます。
2011-07-10-Sun 10:47:23 │EDIT
頼みの綱である、公的年金の運用ですが、現状
損失状態です。

とすると、年金はもらえない?

可能性がでてきます。

いかがなものか。

そもそも運用しないと、いまの少ない掛け金では
十分な資金が作れません。

保険額を上げるか、減額するか。
消費税を導入するか。

難しい選択に迫られそうです。
2011-07-03-Sun 14:46:02 │EDIT

消費税はついに10%の水準になりそうです。

今の社会構造なら仕方ないですね。
高齢社会ですから。

観光収入も見込めないし。。

日本人の自業自得なのかもしれません。
日本人は意外と先のことを考えるの苦手に
みえます。

ラットレース社会がすきなのでしょう。

一応、この税金は社会保障に限定されるよう
なので、それはよいと思います。
2011-06-19-Sun 12:56:19 │EDIT
子供手当ての減額・所得制限が濃厚になってきました。
私は前から、所得制限に賛成していました。

小沢さんもその意向でした。

もともとマニュフェストのベースは小沢さんがつくった
ものです。

直前で鳩山さんにかわり、なんかおかしい方向にいって
しまいました。

実は小沢さんは先見の目をもっています。

政治家としては、好きです。

それはさておき、現実的な政策として、子供手当ての
減額が濃厚になっています。

所得制限もあるでしょう。
この所得制限、実は昔は、世帯収入ではありません
でした。

つまり、世帯主の夫が600万円で妻が900万円でも
もらえるのです。

一方、母子家庭で900万円の場合、もらえません。
これはおかしいでしょう。

もっとシンプルにいいものを考えてほしいです。
公務員の事務が増えるとかそういうのは内部の理由
であって、国民には関係がありません。

必ず、消費者目線で決定しましょう。
2011-05-26-Thu 09:45:38 │EDIT
年金財源の不足も深刻化してきました。

消費税増税が避けられません。

また、年金制度の見直しにより、大幅な減額になるかも
しれません。

自分で年金を作るしかありません。

いまからでも間に合います。
2011-03-06-Sun 13:19:55 │EDIT
分かっていたことですが、厚生年金までもが危うい
状況になってきました。

運用に失敗しているようです。
企業が負担するといってもそんな体力がどこに
あるのでしょうか。

年金制度は崩壊しつつありますね。

若い人はまだしも、40代・50代は先行きが不安に
なります。

若いときから自分で年金を作っていくことは、正しい
のかもしれません。

雑感でした。
副業・ネットビジネス
スポンサードリンク
一人でもOK!生協のラクラク宅配

日本最大の生協ネットワークが日常のお買い物をサポート! 生協の宅配をはじめてみませんか?グループでなくてもお一人から 始められます。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新コメント
[08/15 tthcswqmjr]
[08/14 rrmwdetgpd]
[05/08 zwgluqbxjn]
[05/07 pzexvpgqhs]
[05/07 zyobbflcns]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
なわたろう
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
スポンサードリンク
フリーエリア
アクセスランキング
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 自分年金の作り方!初心者必見!(受給額、制度、個人、遺族、企業、学生) Some Rights Reserved.
http://sbfrom30.blog.shinobi.jp/%E5%B9%B4%E9%87%91%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/
忍者ブログ[PR]