忍者ブログ

これからの時代、年金は保障されておらず、減額また需給年齢が引き上げられます。であれば、自分で年金を作るしかありません。その過程をブログを綴ります。

2017.04┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEプロフィールの記事
2017-04-24-Mon 20:13:23 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-12-30-Thu 11:46:49 │EDIT
2010年10月の配当・分配金について、報告します。(確定)

- SBI証券 -
10/10/01 入金 利金収益金(DIAM世界好配当株オープン(毎月決算コース)) - 20
10/10/01 入金 利金収益金(HSBC ブラジル債券オープン(毎月決算型)) - 120
10/10/06 入金 利金収益金(PCAインド株式オープン) - 900
10/10/14 入金 利金収益金(ピムコ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月分配型)) - 2,000
10/10/14 入金 利金収益金(大和住銀 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)) - 5
10/10/14 入金 利金収益金(大和住銀 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)) - 95
10/10/18 入金 利金収益金(グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)) - 30
10/10/18 入金 利金収益金(世界銀行債券ファンド(毎月分配型)) - 300
10/10/18 入金 利金収益金(アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)) - 44
10/10/18 入金 利金収益金(アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)) - 27
10/10/18 入金 利金収益金(三井住友・グローバル好配当株式オープン) - 3,000
10/10/21 入金 利金収益金(ピムコ ハイ・インカム毎月分配型ファンド) - 70
10/10/22 入金 利金収益金(エマージング・ボンド・ファンドNZドルコース(毎月分配型)) - 100
10/10/22 入金 利金収益金(エマージング・ボンド・ファンドブラジルレアルコース毎月分配型) - 145
10/10/26 入金 利金収益金(ピムコ・エマージング・ボンド・オープンAコース為替ヘッジなし) - 150
10/10/26 入金 利金収益金(三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド) - 366
10/10/26 入金 利金収益金(三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド) - 594
10/10/26 入金 利金収益金(パインブリッジ新成長国債券プラス) - 70
10/10/27 入金 利金収益金(日興-グローバル高配当株式ファンド(毎月分配型)) - 2,250
10/10/27 入金 利金収益金(ドイチェ・グローバル好配当株式ファンド(毎月分配型)) - 40
10/10/29 入金 利金収益金(HSBC ブラジル債券オープン(毎月決算型)) - 120
合計:10,446円

- 大和証券 -
2010/10/01 ニューメジャーバランスF 分配金 -- 2,545円
2010/10/29 ニューメジャーバランスF 分配金 -- 2,545円
2010/10/29 ダイワ外貨MMF(AU$) 分配金(外貨受取) 0.29豪ドル77.70円/豪ドル (22円)
合計:5,112円

今月合計:15,558円
今年合計:156,145円

PR
2010-09-22-Wed 23:17:03 │EDIT
現代のサラリーマンは、給料のピークを迎える
45才辺りから風当たりが厳しくなっていきます。

リストラと明言しないまでも、異動などを通じて
酷い仕打ちが待っています。

リーダーとしての高い才能を有する人か、現場
で必要とされる高い技能を有する人であれば、
救われるかもしれませんが、、

たいていの人は、給料減でやりたくない仕事を
させられるか、早期退職をするかを選択しない
といけなくなるでしょう。

しかし、それまでに不労収入を得られるように
しておけば怖くありません。

会社や給料の心配はせず、好きな分野の仕事
をしていけばよいのです。

安定にこだわるから、大変になるのです。
2010-09-22-Wed 23:09:29 │EDIT
不況になればなるほど、無借金による多角経営の
大切を思い知らされます。

借金による投資で苦しんでいる方がいまは多いの
ではないでしょうか?

しかし、無借金で多角経営している方はいうと数本
失敗しても問題なく経営できているのです。

経営素人には多角経営がもってこいです。

本格的なビジネスとしては、一点張りの強みをもつ
経営がよいかもしれませんが、素人に向きません。

素人は多角経営を無借金でこつこつ増やしていく
方がよいと思います。
2010-09-22-Wed 23:08:38 │EDIT
日記をつけることの大切さを最近はしみじみと
感じています。

特にきれいに書こうと思うと長続きしません。
何でもいいから書くことを続けることが大切か
と思っています。

また、数年後に振り返ることであの頃はこんな
ことを考えていたのかと参考になります。

人間忘れる生き物ですからね。

また、頭の中を整理するいいトレーニングにも
なります。

日記を書き続けたいと思います。
ブログはもってこいのツールだと思います。

まとまりのない日記ですが、これからも応援を
よろしくお願いします。
2010-09-22-Wed 23:07:29 │EDIT
自分の本当の実力はサラリーマンを辞めたときに
分かると思っています。

今会社を辞めたら、あなたは生活できますか?

私はまだまだですが、この観点で日々仕事したり
投資したりしています。

いつ辞めても、生活できるか?があなたの実力に
なると思います。

すぐに職が見つかるだけの専門能力がある、不労
所得があるとか。

仕事を学びだと思っている人や不労所得は絶対に
必要と思っている人と、そうでない人では実力に差
が出ます。

あなたはどちらですか?
2010-09-22-Wed 23:06:24 │EDIT
これからの時代、リタイアの時期を決めるのは、
自分自身です。

年金受給が65歳から70歳に引き上げられるのも、
時間の問題でしょう。

サラリーマンは、いつリストラされてもおかしく
ありません。

サラリーマンの給料のみにしがみついている以上、
リタイアは自分で決められません。

好きなだけ仕事をして、リタイアは自分で決める
そんな状態に早くすることが大事です。
2010-09-22-Wed 23:05:45 │EDIT
我が家の家訓はなんだろうって考えてみると、祖父を見ると
やはり金持ち父さんと近い考え方をしています。

金持ち父さんの本を読んだ時、うちの祖父やんって思って
しまったほどです。
#うちの祖父は複数収入にさらに農業を加えています。

その本を読むまでは全く祖父のやっていたことの偉大さに
気づきませんでした。

おそっ。

気づいたのは20代後半というかほとんど30歳です。
それまでは、車買ったり、趣味に費やしたり、浪費しまくって
いました。

それから慌てて資産について考え始めたのですが、自分の
力でどこまでできるかやってみようとなったのです。
2010-09-22-Wed 23:04:53 │EDIT
日本人の多くのような働き方をラットレースと言います。

生きるためなのか、働くためなのか、よく分からなくなり、
ひたすら忙しい毎日を送らざるを得ない状況です。

こんな日本ってどうかしてませんか?

好きなときに好きなだけ働く、またモチベーションを高く
もって働く、ということが欠けています。

そんな生活で果たして良い者が生み出せるのだろうか?

私はラットレースから抜け出して、自分の意思で言動が
起こせるようになりたいです。

そのためには、不労所得は欠かせません。
2010-09-22-Wed 23:03:56 │EDIT
お金持ちは資産を持っていますが、お金持ちの資産に
対する考え方は共通です。

私の祖父は、収入を生む資産に投資していました。
そのため、現在でも裕福に暮らしています。

これがもし自分の家などの負債に投資していれば、
今の生活はないでしょう。

私の金持ち父さんのモデルは、実は祖父なのです。
身近に先生がいたのです。

金持ち父さん貧乏父さんの本を読んで、初めて祖父の
偉大さに気づきました。

それから考え方を改めるようになりました。
もちろん、社会情勢も関与していますが、金持ち父さん
に本気でなりたいと思いました。

自力で。

しかし、知識と経験と人並みはずれた努力が必要です。

頑張りたいと思います。
2010-09-22-Wed 23:01:44 │EDIT
サラリーマンの起業の第一歩は副業がベストです。
#規則に触れない範囲で

サラリーマンであれば、できることは限られますが、
まずやってみることです。

資産運用でもネットビジネスでも何でもよいです。
そして、1円でも稼いでみてください。

どんな会社も最初は小さくスタートします。

そうしていくうちに、ビジネスのイロハが分かって
きます。

それから確信が持てたら、独立して本格的にやれば
いいのです。
2010-06-19-Sat 12:59:52 │EDIT

私はサラリーマンをしていますが、これからの日本を考えると、
非常に厳しい状況になってきています。

もう右肩上がりの単純な時代ではなくなってきたのです。

会社のために遅くまで働いても会社は守ってくれません。
簡単にリストラされます。

そんなゆとりのない働き方に疑問を呈し、30代で起業すること
を決意しました。

5つの目標です。

1.40歳までに起業して社長になること
2.年収1000万円を超えること
3.働きすぎないで自由な時間を持つこと
4.老後も安心な程度に資産を持つこと
5.本を出版すること
副業・ネットビジネス
スポンサードリンク
一人でもOK!生協のラクラク宅配

日本最大の生協ネットワークが日常のお買い物をサポート! 生協の宅配をはじめてみませんか?グループでなくてもお一人から 始められます。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新コメント
[08/15 tthcswqmjr]
[08/14 rrmwdetgpd]
[05/08 zwgluqbxjn]
[05/07 pzexvpgqhs]
[05/07 zyobbflcns]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
なわたろう
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
スポンサードリンク
フリーエリア
アクセスランキング
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 自分年金の作り方!初心者必見!(受給額、制度、個人、遺族、企業、学生) Some Rights Reserved.
http://sbfrom30.blog.shinobi.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/
忍者ブログ[PR]